2010年4月アーカイブ

過払いの請求のデメリットについて
過払い金を請求するにはどうしたら良いかって言うと、自分で行う事も可能ですけど、手続きが少々面倒でもありますし、個人で動いて話しがこじれるって事もありますのでね、やはり大阪の弁護士さんか、司法書士さんに頼むのが良いんじゃないかなって思います。

ただ今はその過払い金請求でね、弁護士さんとか司法書士さんへの報酬が高すぎると言うことでトラブルになっていると言うニュースも良く耳にしますのでね、どの弁護士さんとか頼むかって言うのが非常に重要だと思います。

良い弁護士さんも居れば、その反対もやはり居ますから、ここなら本当に信頼出来るって思える弁護士事務所とかにお願いをするべきだと思います。その為には多少時間を掛けてね、どの弁護士さん、司法書士さんが良いかとかをしっかりと調べること、今はインターネットがありますからそういう評判は調べやすいですからね、きちんと調べてから、大阪の信頼出来る弁護士さんとかにお願いをするのが、私はベストだと思います。過去にトラブルを起こして懲戒を受けているような弁護士さんは避けたいですね。

過払いは大きな問題になりましたね。
利息が大き過ぎて、いくら返しても利息ばかり返している言うな気がしますよね。もしかしたら、利息を払い過ぎているかもしれませんよ。利息を払い過ぎて、借金の返済が終わっているどころか、払いすぎたお金を取り戻したというケースがたくさんあります。

諦めないで、消費者センターの窓口や市役所、弁護士、司法書士に相談してみませんか?お金がかかりそうと思うかもしれませんが、無料で借金問題の相談に乗ってくださる弁護士さん、司法書士さんも増えています。払いすぎたお金を取り戻しましょう。

どこの弁護士さんに相談したらいいのか分からないということであれば、ホームページなどで調べるか、無料の相談窓口で紹介してもらいましょう。評判の良い弁護士さんを紹介してもらえると思います。大阪にはたくさんの相談所や弁護士さん、司法書士さんがいらっしゃいますから、自分に合った方にお任せできると良いですね。

現在借金の返済ができなくなって、取り立てに悩んでいるかたは、まずは弁護士さんや司法書士さんに相談してみましょう。任意整理などの手続きを依頼して、サラ金業者に通知を発送してもらえば、すぐに取り立てはストップします。もう、あなたの所に督促が来ることはありません。貸金業者は、ルール違反をして業務停止などになるのを恐れるからです。安心して仕事に励んで、自分の幸福を取り戻してください。

「過払い金を請求するには」というテーマでお話させていただきます。
当然のことながら、法律と過去の裁判例にのっとって請求をすれば、その会社が倒産でもしない限りは過払い金を回収できるはずだとおもうのでありますね。その会社が自己破産したり、会社更生法の適用を受けたりすれば、回収はなかなか難しいと思われます。
というわけですが、過払い金を請求するには、いつくか複数の方法があるとおもうのでありますね。その複数の方法でありますが、まずは自分で直接過払いをした相手に請求する方法があるかとおもうのでありますね。しかしながらこの方法だと過払いをした人は余計な過払い金を返還するための経費をかける必要がない、というメリットがありますが、相手にシラをきられたらそれでおしまいなのでこの方法は現実的ではありませんね。
そのつぎの方法でありますが、シラをきられたらというわけで、そのシラを無理やり押さえ込んで強行して強奪して取り戻す方法でありますかね。つまり、訴訟を起こして判決をとり、相手方である金融会社の銀行口座や会社の金庫などを差し押さえする、強制執行も辞さないという方法です。しかしこの方法も、法律の専門家ではない一般人には現実的には難しい。そんなわけでありまして、結局は弁護士さんなどに相談して過払い金を返還請求するという方法が現実的であろうかと思います。

消費者金融は、借金をさせて、利息で商売させる業者なので、たくさん借りてもらい、たくさん利息を取れればいいんです。しかし、業者によっては法律以上の利率を設定していて、とんでもない金額の返済額を請求する場合もあります。負債者がいつまでも返させないように仕向けているのでしょう。ヤミ金でなくても、テレビCMなどをしている大手の消費者金融でも、かつては利息制限法の上限を超えた利率を設定していました。
過払い金を請求するには、自分ではできないので司法書士とか弁護士に依頼する方法が一般的みたいです。どちらがいいのか比べるよりは、どれほどの経験があるのか、親身になって相談に乗ってくれるのか、そして料金がいくらぐらいなのかをきちんと把握しておく必要があります。一言に司法書士や弁護士といってもそれぞれの得意分野があると思います。なれないことをしても、実際には時間がかなりかかってしまったり、費用が高くついて、過払い金をうけとっても無意味になってしまう可能性もあります。どのような事務所に依頼するのかは、インターネットなどを活用して、たくさん調べてみた方がいいと思いますね。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。